新着記事

【ゴースト流!】パークとホテルで楽しむおもてなしメニュー

ニュース概要

オリエンタルランドは、東京ディズニーリゾートにて9月10日から10月31日までの52日間にわたりスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催中。東京ディズニーランドのテーマは2018年に引き続き「ゴースト流の東京ディズニーランド」だ。

パークではテーマと連動し、ゲストのためにゴースト流のおもてなし仕様にしたメニューを約15種類用意。秋の味とともにハロウィーンらしいデコレーションが施された品々ばかり。今回は、イチオシの秋ならでは美味しさを食べ歩いてみた。

まず最初に訪れたのは、トゥーンタウンの「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」。こちらではとろーりサクサクのホタテクリームコロッケがサンドされたパオがメインの「ホタテクリームコロッケパオ」の「スペシャルセット」(990円)をチョイス。パオはハロウィーンならではのジャック・オ・ランタンシェイプ。赤キャベツとビーツの赤紫のラペもホラーな雰囲気ながら、キッズも味わえる優しい味わいが特徴だ。

プラス1100円でセットに付けられる「スーベニアランチケース」も入手。お昼のパレード「スプーキー“Boo!”パレード」のフロートや出演者たちが両面に描かれているのだ。

食欲の秋ならではの絶品スイーツの食べ歩きもパークで楽しみたいところ。まずは「フードブース(トゥモローランド側)」のワンハンドスイーツ「アソーテッド・スウィーツ(バウムクーヘン、ストロベリーチーズケーキ、紫イモクリームもち)」(430円)からスタート。真っ赤なカップのなかには、ひとくちサイズのスイーツがぎっしり。カボチャフレーバーのバウムクーヘンはチョコがけでダブルでうれしい。ココナッツファインで包まれたストロベリーチーズケーキはしっとり上質な味わい。その濃厚さにリピート確実。ゴーストミッキー風のまんまるお餅のなかには紫イモクリームとカスタードがギュッ。一度で三度楽しめるスイーツだった。

食べ歩きの定番チュロスも秋色に大変身中。「ペコスビル・カフェ」では「チュロス(メイプルパンプキン)」(400円)がラインアップ。ほのかにパンプキンの風味が口に広がり、メープルのほどよい甘さでリフレッシュも。見た目もパンプキンカラーで写真映えも抜群。

続いては、「トルバドールタバン」の秋のパークの大定番「ソフトクリーム(パンプキン)」(300円)。2019年は新たにチョコレートのミックスも登場とレパートリーも年々増加中。あえてここは、パンプキンのみをチョイス。ひと口目から濃厚なパンプキンのとろける味わいが口いっぱいに広がり秋の訪れを実感。もはやこれを味わわずにパークの秋は語れない。

お隣の「キャプテンフックス・ギャレー」では変り種ドリンクが話題。「ポップコーンソーダ&ドーナツ」(600円)に挑戦。まさに飲むポップコーンとはこのこと。飲み始めはいつものドリンクながらワンテンポ遅れて奥からポップコーンフレーバーがふわっとこんにちは! キャラメルポップコーンを頬張ったときのような錯覚へ誘う香ばしさがあふれる。ドリンクのトップには、パンプキンフレーバーのドーナツがオン。しっとりふわふわ食感で、飲んで味わってをワンハンドでこなせる優れドリンク&スイーツだ。

■レストランでしっかり味わうハロウィーンメニューも食べ逃せない!

食べ歩きやカウンターサービスとともに利用したいのが各種レストラン。パレードルートにほど近い「プラザパビリオン・レストラン」で、メインからブレッド、デザートまで味わえる「スペシャルセット」(1940円)をオーダー。期間限定でスペシャルバージョンとなっているアトラクション「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」をイメージしたセットなのだ。

セットにはプラス1000円で「スーベニアトレー」もつけることができる。さまざまな仮装をしたかわいいゴーストたちが東京ディズニーリゾートを満喫する様子が描かれており、見ているだけで笑顔に。

「ベーコンとベジタブルのクリームスープ」は少し冷える秋口にはありがたい温かさがしみる一杯。蝶ネクタイシェイプのパスタ入りで映画「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の主人公ジャック・スケリントンの蝶ネクタイを彷彿させる。「チーズハンバーグ、デミグラスソース」は、チーズでできたジャック・スケリントンのスマイルがポイント。デザートの「パンプキンムースケーキ」は、パンプキンムース&マロンカスタードクリームで一口目から秋を感じることができる。ブレッドまたはライスのどちらかが選べ、ドリンクも付属する。

■スーベニア付きメニューもゴースト満載のキュートな1品が目白押し

各種スーベニア付きスイーツやスナックもゴーストらしいこだわりがあふれるメニューにさま変わり。「スウィートハート・カフェ」では「オレンジゼリー&バニラムース、スーベニアカップ付き」(800円)が人気だ。ハロウィーンカラーのオレンジゼリーとバニラームースの上ににオレンジソースかかっている。ちょこんと乗ったゴーストチョコレートもあいらしい。スーベニアカップには、「スプーキー“Boo!”パレード」のコスチューム姿のミッキーマウスたちが描かれている。

また、「パンプキンケーキ、スーベニアプレート付き」(800円)も外せない。シナモンがアクセントになった濃厚パンプキンとホイップクリームの2層仕立てのケーキが主役だ。スーベニアプレートの縁にはパークを仮装して楽しむゴーストをデザインしている。

アトラクション「ホーンテッドマンション」モチーフのスナックケースも初登場。アトラクションでゲストが乗り込むドゥームバギーを完全再現。もちろんミッキーマウスの隣にはヒッチハイク・ゴーストの姿がしっかり! 1000人目の亡霊に迎えられてしまわないように、気を付けながら中身のお菓子を食べよう。「グミキャンディー、ミニスナックケース付き」「カラフルチョコレート、ミニスナックケース付き」(各850円)を用意。

また、カプセルトイ形のミニスナックケースも同時発売。ハロウィーンに欠かせないお菓子をケースに詰めて、取っ手をくるりと回せばコロンと出てくる。ちょとずつ出てくるので食べ過ぎ防止に効果あり!? 「グミキャンディー、ミニスナックケース付き」「カラフルチョコレート、ミニスナックケース付き」(各850円)の2種類。

■ディズニーホテルで今だけ味わえるコワウマゴーストモチーフの眼福メニューを堪能!

ディズニーホテルでは、「ディズニー・ハロウィーン」開催に合わせ10月31日までスペシャルメニューを用意し、訪れるゲストをゴースト流の美味しいメニューでお迎え中。ディズニーアンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン「エンパイア・グリル」では、「“ディズニー・ハロウィーン”エンパイア・グリル・ディナー」(1万円)を提供している。

前菜「牛タンのグリルコンフィと白レバーペースト 竹炭ブリオッシュと林檎のサラダ」は、肉厚の牛タンとともに白レバーのペーストやブリオッシュ、りんごゼリーなどが野菜と一緒に盛られた一品。別々に食べるのもよいが、レバーをパンにつけたり、肉につけたりと自分好みにアレンジできるのがうれしい。サンドイッチ的な要素もあり、見た目以上にボリュームあり。

メインは「パンデピスを纏ったホロホロ鳥胸肉のファルス包み 焦がしマスタード香るシェリーヴィネガーソース」をチョイス。ファルス包みはホロホロ鳥胸肉にキャベツやキノコなどが包まれており、懐かしい味わい。同じくホロホロ鳥のダシを使った粒マスタードソースを付けると美味しさの相乗効果が。直前にかけるシェリーヴィネガーソースも濃いめでさらに食欲を促進。サイドのサラダ仕立てのセロリを合間に挟みながら食べるのもよい。なお、「ビーフテンダーロインのグリル クミンのソース カボチャのリヨネーズ」を選ぶことも可能。

デザートは「洋梨のシブーストとコンポート マンダリンオレンジソルベを添えて」。キャトルエピスで少しスパイシーに仕上げたカトルカール生地の上には洋梨のコンポート。そしてトップがキャラメリゼされたシブースト。大胆に一気に味わおう。洋梨のほどよい甘さが押し寄せ、幸せの時間が始まる。さっぱりとしたオレンジソルベ横にはフルーツがたっぷり。口のなかをリフレッシュし、次に食べ進む準備を促してくれる。

つるんとした喉ごしのカシスとレモンゼリーは東京ディズニーランドの「ディズニー・ハロウィーン」のメインアートを再現。ぐるぐるとゴーストの美食世界へと引き込まれそうだ。

コース料理と一緒に味わいたいのが「“ディズニー・ハロウィーン”スペシャルドリンク」(1300円)。ハロウィーンカラーをイメージしたピンクグレープフルーツとブラックベリーがトップに。ドリンク自体はジンジャーエールにストロベリーやラベンダーシロップを使用し、甘さもありつつ芳醇な印象。しっかり混ぜて飲むと、ラベンダーの香りがふわっと鼻に抜ける。ドナルドダックとデイジーダックが描かれたオリジナルコースターが付属する。

上記のメニューとともに「ポルチーニ風味のピュレをまとったポーチドエッグ カシスソース ペンネグラタンを添えて」「黒鯛のポワレ カボス香るグルノーブル風ソース サボイキャベツのブレゼとともに」の全5品の提供。紅茶またはコーヒー付き。

午後のひとときはロビーラウンジ「ハイピリオン・ラウンジ」でケーキタイム。「“ディズニー・ハロウィーン”ケーキセット」(1700円)は必ず味わっておきたい一皿だ。ゴーストモチーフの白あんベースのブルーベリーモンブランにキョロっとしたチョコレートの目玉をトッピング。内側はレアチーズクリームとレモンクリーム、ブルーベリージャムの3層仕立て。塩気のあるサブレが美味しさを引き立てる。マンゴーパウダーとベリー。ミッキーマウスとミニーマウスのパスティヤージュが添えられており、モンブラン部分のぐるぐるデコレーションでゴーストの美食の世界へと引き込まれそうだ。コーヒーまたは紅茶がセットとなる。

喉を潤したいならば「“ディズニー・ハロウィーン”スペシャルドリンク」(1300円)を。オリジナルのコースター付きでチップとデールが描かれている。味わいは、オレンジジュースをベースに鮮やかなカラーをグラスに閉じ込めつつ、チェスナッツシロップで栗感をプラスし季節感ある味わいに仕上げている。グレープゼリーのプルプル感や紫イモホイップのゴーストフェイスもカワコワを演出。ケーキ同様提供時間は12時から22時。

ディナータイムは、東京ディズニーランドホテルのビュッフェレストラン「シャーウッドガーデン・レストラン」へ。「“ディズニー・ハロウィーン”ディナーブッフェ」には秋の全美味しいが大集結。2019年はゴーストに焦点をあてた色どりとメニューが特徴となっている。

コールドメニューお勧めは野菜スナックとムースが相性よしの「紫イモのムース」に、ポークの美味しさと野菜が一度に味わえる「ポークと根菜のサラダ ハニーマスタードソース」。そしてシーフードの旨みにほっくりポテトがうれしい「シーフードとポテトのサラダ」。冷たい麺類で食欲増進な「黒胡麻棒々鶏麺」も忘れてはいけない。

ホットメニューならば、フェットチーネにソースが絶妙に絡む「フェットチーネ シーフードトマトソース」、フルーツ添えで爽やかな口あたりの「白身魚のスチーム ブールブランソース」や、ポークの旨みが凝縮した「ローストポーク ハーブ風味 アップルジンジャーソース」。そしてハロウィーンらしい色合いの「サーモンのロースト 竹炭パン粉焼き」などはマストで味わいたいところ。

ブレッドはキョロっとした目玉がキュートで、濃いチョコレート風味がクセになる「チョコレートラズベリーブレッド」やさまざまな表情とパンプキンな風味が絶品の「パンプキンロール」は押さえておきたい。

もちろんデザートも種類が豊富。グレープとヨーグルト風味の2層仕立てムースをふわふわスポンジケーキで優しく包んだ「グレープムースのシャルロットケーキ」に、ぷるるんとした口あたりと口どけにメロメロな「洋梨のゼリー」。そして目玉チョコがこちらを見ている「コーヒーのパンナ・コッタ」と食べ逃せないスイーツが目白押し。

Impress watch

Twitterの反応

実際の映像

funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
食べ歩きももちろんですが、ホテルレストランでの限定メニューも種類豊富で惹かれます!

たくさんのメニューの中からお気に入りの1品を見つけてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です