新着記事

【異常事態!】ディズニー1強、なぜ?

ニュース概要

アニメーション『アラジン』から27年経て公開された実写版『アラジン』が興行収入100億円を突破。また、そんな『アラジン』を押しのけて、初登場でランキング首位を獲得したのも、ディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』だった。さらに現在は『ライオン・キング』が公開2週目で動員ランキング1位に躍り出た。4月公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム 』から現在までディズニー映画のヒットが続いているが、なぜこうもヒットが続くのか。

2019年に入ってから動員ランキングで1位をとった外国映画は、日本では東宝の配給となった『名探偵ピカチュウ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を除くと、『アラジン』『シュガー・ラッシュ:オンライン』『アベンジャーズ/エンドゲーム 』『ライオンキング』など、その多くがディズニー作品。ディズニーの寡占状態はアメリカでも同様で、現時点での2019年の年間ランキングの上位4作を『アベンジャーズ/エンドゲーム 』『ライオンキング』『キャプテン・マーベル』『トイ・ストーリー4』とディズニー作品が占めている(8月23日現在)。

なかでもディズニーがついた『アベンジャーズ』は、それまでの世界累計興行収入歴代1位の『アバター』の記録を抜き世界で記録的大ヒットを見せた。国内でも『アラジン』が『美女と野獣』のオープニング成績を超えるスピードでヒットし、『トイ・ストーリー4』は洋画アニメ歴代No.1のオープニングとなって、これまでのトップであった『アナと雪の女王』超えを果たした。

そして、実写化の波も顕著で、間髪入れずに『ライオン・キング』が公開されている。『リトルマーメイド』の実写化決定のニュースも世間をにぎわせた。邦画も、既にファンがついている原作ものを多数映画化している、という点では同じ状況なのにも関わらず、なぜディズニー作品がこれほどヒットするのだろうか。

Walker+

Twitterの反応

実際の映像

ヤフコメ
ヤフコメ
ディズニー映画は親子で楽しめる。
わかりやすくもあり、年齢が変わってから観ると、また別の視点から観る事ができ、話の奥深さが見えてくる。
観終わった後に心優しく、強くなれる。
ヤフコメ
ヤフコメ
ディズニーの映画、お金かかってるもん。
見応えがある。
ヒットが確実視できるから、お金をかけられるんでしょう。
funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
何と言っても今年の大ヒットはディズニーで埋め尽くされています!恐るべし、、、

アラジンも、ライオンキングも、トイストーリー4も実際観に行って観てとてもいい映画だと思いました。やはり皆に愛されるには製作者側の多大な努力があるのですね!これからも楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です