新着記事

【まさかまさか。。。】ディズニー映画にまつわる7つの都市伝説

ニュース概要

1. アリエルのお母さんフック船長に殺された、らしい。

『リトル・マーメイド』アリエルにお母さんがいないことは誰でも知っていること。なんでも、海賊に殺されたのだとか。
ただ、まさかその海賊がフック船長だったとは。『ピーター・パン』にでてくるフック船長に殺されたこのマーメイド、アリエル母に酷似している…。

2. 『ヘラクレス』の流れ星はジャスミンアラジン、らしい。

魔法のカーペットのスピードで肉眼では流れ星に見えるけど、アレ実は…。

3. 『ムーラン』に出てくる人形は守られるべきだった少女たちを表現している、らしい。

『ムーラン』『愛しい女よ』の曲の最後に映される人形。
映画に登場する女の子の持ち物だったこの人形は、持ち主だけでなくすべての女の子たち=守られるべきだった存在を暗喩している。

4. ガストンの存在はディズニー映画における王子の終焉を意味する、らしい。

90年代以降、ディズニープリンセスたちは映画の中でより強い存在となっていった。
これは若い女性、とくに子どもたちの見本となるようにという意図がある。
『美女と野獣』の登場人物、典型的な王子様キャラであるガストンが死ぬことで、ハンサムな王子様が何もできないお姫様を救って一件落着という流れに終止符が打たれた。

5. 『トイ・ストーリー』アニメ制作スタジオの内情を表現した、らしい。

トイ・ストーリーシリーズの監督を務めたジョン・ラセターは、『トイ・ストーリー』制作前に、手書きではなくコンピューターアニメーションの採用を推奨したことでディズニーから解雇された過去をもつ。
昔ながらのカウボーイ人形のウッディ、未来的な最新オモチャのバズは、手書きとコンピューターというアニメ制作現場の葛藤を表現したもの。
のちに最強のタッグとなる2人の姿は、まさにディズニーとピクサーの姿と重なる

6. 『ライオン・キング』『ロビン・フッド』『ズートピア』は同一世界の話、らしい。

『ズートピア』のニックはロビン・フッドの末裔レオドア・ライオンハート市長はシンバの親戚にあたるらしい。
『ライオン・キング』は捕食者/被捕食者の関係の終わりの始まりであり、その後文明を築いていったアニマル社会がのちのズートピアである。

7. 『アラジン』の全ストーリーを裏で操っていたのはジーニー、らしい。

アラジンの1つ目の願い事「王子になりたい」を叶えるため、その後のストーリーはすべてジーニーが描いたものだった。

BUZZ FEED

Twitterの反応

https://twitter.com/pyonpopos/status/1169562025585852416

実際の様子

funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
言われてみれば…

本当か否かは別ですが、数々の作品に付きものの都市伝説。『ヘラクレス』の流れ星とかは『アラジン』とスタッフが同じだけに有力な気がします笑 劇中に似たシーンもありますし。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です