グッズ・イベント情報

【白熱!!】ディズニーVSソニー スパイダーマンを巡る戦い

ニュース概要

モテすぎるのも、時には困りもの。『スパイダーマン』の主人公ピーター・パーカーは、今、そんな贅沢な悩みに真剣に頭を抱えているだろう。トム・ホランドの代になって以来、映画『スパイダーマン』はソニー・ピクチャーズマーベル・スタジオズが協力して製作してきたのだが、両社の話し合いが決裂し、今後、マーベルは手を引くことになりそうだ。

となると、これから作られるマーベル映画にスパイダーマンはもう登場せず、また『スパイダーマン』の映画では、アイアンマンやニック・フューリーなどマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)について、一切触れなくなる可能性が高い。

 もともと人気の高いキャラクターであるうえ、ホランドのスパイダーマンは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場した時からMCUの話に深く絡んできたため、このニュースに、ファンたちは動揺を隠せないでいる。

だが、スパイダーマンを愛してやまないのは、ソニーもマーベルも同じことだ。だからこそ、こんな奪い合いドラマが起きてしまったのである。

東洋経済

Twitterの反応

実際の映像

ヤフコメ
ヤフコメ
カリフォルニアのディズニー・アドベンチャーにはキャプテンアメリカとスパイダーマンが写真撮影やサインしてくれたするんだけど、そちらの共演も見れなくなるのかな…。
ヤフコメ
ヤフコメ
どっちに非があるのか分からない。
これ以前にも昔からスパイダーマンは1作毎にソニー内部でゴタついてる。今回ディズニーも絡むもんだから…
funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
ディズニー好きな私としてはとても複雑な気持ちです…。

マーベル・スタジオの親会社でもあるディズニーが映画スパーダーマンの制作から外れるとなると次回作は一体どうなってしまうのでしょうか?心配です・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です