新着記事

【公開間近】アナ雪2はどんな物語?

ニュース概要

日本中に”レリゴー”の歌声があふれ、世代を超え社会現象を巻き起こし、興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字で、日本の歴代興行収入第3位を記録した「アナと雪の女王」。その待望の続編、『アナと雪の女王2』が、遂に今年の11月22日(金)に日米同時公開となります。果たして本作はどんな物語になるのでしょうか? 新たな場面写真等から考えてみましょう。

『アナと雪の女王』は、雪や氷を作り出す力を持つ姉・エルサと、元気で活発な妹・アナの姉妹というディズニーでは初のWヒロインによる、凍った世界を救う”真実の愛”を描いたストーリーでした。

運命によって切り離されたこの姉妹の物語は、日本だけでなく世界中で大きな共感を呼び、多くの人々を虜にした。愛するものを傷つけないために、誰もいない山奥に逃げることになったエルサが、抑えつけていた力を解き放ち、”ありのまま”の自分で生きることを決意するシーンに心打たれる観客が続出。そんなエルサの姿やキャラクターに多くの観客の心が揺さぶられます。

そして同シーンで描かれた、氷の宮殿の美しい映像美もさることながら、エルサが歌う曲「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」は、その美しいメロディーとキャッチーで口ずさみやすいフレーズも相まって、”レリゴー現象”として幅広い世代で人気を博し、同年の流行語大賞に選出されたほど。そして、劇中で流れる曲に歌詞が表示され、観客がその場で歌うことができる「みんなで歌おう♪歌詞付版」の興行が好評だったことも記憶に新しいですよね。ネット上では、エルサやアナになりきって歌う動画や、映画のシーンを再現する動画などが数多く投稿されたことでも話題になると、その年のハロウィーンでは、エルサとアナの衣装を着る人々が続出するなど、まさに日本中で社会現象となりました。

そして本作では、氷に閉ざされた祖国アレンデールを救ったエルサ・アナの姉妹は、幸せな日々を過ごしていたが、エルサにしか聞こえない不思議な”歌声”によって、姉妹は未知なる世界へと導かれることになるそう。エルサの”魔法の力”の秘密を解き明かす、驚くべき旅が始まるのです。前作では、”生まれつき力を持っている”と語られたエルサですが、なぜ彼女だけ力が与えられたのか……? それも本作で語られることになりそう。

引用元:livedoorニュース

Twitterの反応

https://twitter.com/KIMUSHUN199839/status/1171409985235898369

funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
社会現象になったアナ雪続編がそろそろ公開!

前作が良作だったため、今回はどんな話になるか楽しみです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です