新着記事

実写版ライオン・キングの挿入歌「ハクナ・マタタ」のミュージックビデオが公開!

ニュース概要

ミキ亜生、佐藤二朗、賀来賢人が歌う、映画「ライオン・キング」プレミアム吹替版の挿入歌「ハクナ・マタタ」のミュージックビデオが公開された。

【動画】『ライオン・キング』「ハクナ・マタタ」MV(メディアギャラリー他4件)

「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」は亜生演じるミーアキャットのティモンと佐藤演じるイボイノシシのプンバァのモットーで、賀来演じる主人公のライオン・シンバもこの言葉に勇気づけられて成長。シンバが大人になっていく過程を描く重要なシーンで奏でられる「ハクナ・マタタ」は、3人のハッピーなムードを感じられる曲として数ある挿入歌の中でも特に人気を集めている。

MVで亜生、佐藤、賀来は「ハクナ・マタタ」を陽気に歌唱。シンバの父・ムファサ役の大和田伸也、王の座を狙う叔父・スカー役の江口洋介、シンバの幼なじみ・ナラ役の門山葉子、子供時代のシンバを演じる熊谷俊輝、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を担当するRIRIも随所に登場して盛り上げている。さらに「ライオン・キング」ファンのミキ昴生がカメオ出演。ダンサーたちに紛れているので見つけてみよう。

8月9日に全国公開された「ライオン・キング」は、王家の一族に生まれたライオン・シンバが”真の王”になるという自らの運命に立ち向かう姿を“超実写版”映像で描くもの。9月11日までで国内興行収入は60億1941万円、動員は422万人を突破した。

(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
headlines.yahoo.co.jp

ネットの反応

参考動画

funfunDisney編集部
funfunDisney編集部
ハクナ・マタタ~!

一見ディズニーっぽくないところがまた面白いMVでしたね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です